[PR]

 岐阜県可児市の県道沿いに、客の7割がブラジル人という食堂「メル」がある。店内は30席ほどで、遠来の常連客も少なくない。何がブラジル人客を惹(ひ)き付けるのか――。

 「ボワノイチ(こんばんは)」「オブリガード(ありがとうございます)」。マンション1階にあるブラジル食堂の店内には、ポルトガル語が飛び交う。

 岐阜は県内に住む外国人の2割超がブラジル人だ。自動車部品工場などで働き、家族ができたことをきっかけに永住する日系人も多い。そうした人が故郷を懐かしみ、肉料理を求めて訪れる。肉好きで知られるブラジル人に応えるメニューが目白押しだ。牛ランプ(税込み650円)、豚の骨付きカルビ(850円)、トマトソースとたっぷりのチーズがかかったビーフカツ(900円)。中でも人気なのが牛イチボのプレート料理(1200円)で、目玉焼き、ご飯、サラダに定番の家庭料理の豆料理も付く。ボリュームたっぷりで、肉好きのブラジル人の胃袋をつかんではなさないらしい。

 故国の味は口コミで広がり、愛知県豊橋市や安城市から足を延ばす人もいる。富山県に住むブラジル人トラック運転手は、仕事で近くに来るたびに寄る。地元の会社員、菊地アンデルソンさん(38)は「ここの豆料理は母の味に似ている」。昼食や仕事帰りの夕食に週5回は訪れるという。

 店を経営するのは、日系ブラジ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら