墜落事故「システムが誤作動」 ボーイングCEO認める

有料記事

ニューヨーク=江渕崇
[PR]

 米ボーイングの最新鋭小型機「737MAX」で相次いだ墜落事故は、失速防止システムの不具合が原因の一つだったと、同社が初めて認めた。事故の犠牲者に対しても謝罪ととれる声明を発表した。同社の責任が厳しく問われるとともに、経営への影響が膨らむ可能性がある。

 3月に起きたエチオピアでの墜落事故をめぐり、エチオピア当局が4日、暫定調査報告書の概要を公表。これを受けてボーイングのデニス・ミュイレンバーグ最高経営責任者(CEO)は同日、動画メッセージを出し、犠牲者に「sorry(申し訳ない)」との言葉を初めて使うことで一定の責任を認めた。

 事故原因として疑われている失速防止システムについて、ミュイレンバーグCEOは「二つの事故とも、センサーの間違った情報に基づき作動したことは明白だ」と語った。機体側に問題があったと、事故直後から指摘された見方をおおむね受け入れた。

 これまでボーイングや米連邦…

この記事は有料記事です。残り698文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!