「挑戦し続けた野球人生」 ベイ戦力外、メキシコで開幕

有料記事

井上翔太
[PR]

 昨年プロ野球のDeNA戦力外になった荒波翔(33)が、舞台をメキシコに移して9年目のプロ生活を歩み出した。プレーする姿を通じて、何事も「諦めなければ、得るものがある」という可能性を世間に伝えたいと思っている。

 4日、メキシカンリーグの強豪・モンテレイが開幕戦を迎えた。背番号「6」をつけた荒波は「1番・中堅」で先発出場。八回1死満塁の守りで中飛を捕球し、バックホームで三塁走者をアウトにするなど、この日は好守を披露した。

契約の保証なく、メキシコへ

 海を渡る決断をしたのは、昨年12月だった。戦力外通告を受けた後、DeNA球団の施設を借りて、他の選手の邪魔にならないように練習を続けた。他球団からのオファーを待ったが、獲得の意向を示す球団はなかった。「そろそろ(進路を)選択しないといけない」と考えていたとき、練習参加の話を持ちかけられたのが、大リーグ傘下3Aレベルとされるメキシカンリーグのモンテレイ球団だった。

 「日本でしか、野球をしたことがない。海外の野球はどう違うのか。肌で感じ取りたい」

 当時はまだ、選手として契約してもらえる保証はなかった。だが「自分にとって、プラスのことしかない」と決断。家族も単身になるのに「行ってきなよ」と後押ししてくれた。

日本野球との違い

 開幕の約1カ月前、チームに合流した。すぐに攻守の両面で、日本野球との違いに気付いた。

 「こっちはフルスイングが原点。その中で状況に応じた打撃をする。日本のような『小手先の右打ち』のようなことは必要とされていない。反対に守備は、日本の方が一歩目が速いし、細かな動きが得意です」

 メキシコ投手の速球は、ほと…

この記事は有料記事です。残り617文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!