[PR]

 徳島県警察学校の初任科の入校式が5日、徳島市論田町の同校であり、今春採用された警察官と一般職員の計58人に辞令が交付された。根本純史・県警本部長が「警察職員としての自覚を身につけ、社会人としての教養を高めていただきたい」と訓示。入校生を代表して楠和馬巡査(22)が「良心のみに従い、公正中立に警察職務を遂行することを誓います」と宣誓した。大学卒は6カ月間、大学卒以外は10カ月間、一般職員は1カ月間、法律や実務などを学ぶ。(松尾俊二)