【動画】乾癬患者の応援ソングを制作したヒャダインさん=水野梓撮影
[PR]

 皮膚がかさぶたのようになってはがれ落ちる「乾癬(かんせん)」の患者を励まそうと、自身も患者である音楽クリエーター、ヒャダインさん(38)が制作した応援ソングの披露会見が9日、東京都内であった。「曲を通じて乾癬への正しい理解が広がればうれしい」と語った。

 乾癬の症状が出始めたのは2012年ごろ。かゆみを伴って肌が赤く盛り上がり、やがて皮膚がうろこのようにはがれた。それが気になり、テレビで色の濃い衣装を着るときはずっと手で服を払っていた、という。会見で「人前で裸になりたくなくて、大好きなサウナにも行かなくなりました」と話した。

 専門医にかかり、15年から本格的な治療を始め、今は症状は落ち着いている。

 曲のタイトルは「晴れゆく道」。「乾癬啓発普及協会」(東京)と製薬会社アッヴィ(同)が「夢」をテーマに患者から募集したメッセージをもとに、ヒャダインさんが歌詞や曲をつくった。

 できるだけ前向きに病と向き合ってもらいたいと、明るい曲調にした。サビの歌詞には「この肌を誇ろう」と盛り込んだ。「病気と向き合って頑張っている自分を誇ってほしい」

 ミュージックビデオには、乾癬の患者がそれぞれの「夢」を書いた扇子を持つシーンがあり、ある女の子は「皮膚科医になりたい」と掲げた。「僕も完治ではないし不安もある。でも、あの女の子が完治する薬をつくってくれるかもしれない。ゴールテープはないけど、一人じゃないから」と呼びかける。

 曲はYouTube上の(https://youtu.be/cC3tU2h_PNY別ウインドウで開きます)で配信している。(水野梓)