【動画】徹底解説!大阪ダブル選~開票ライブやりまっせ!
[PR]

 大阪府知事と大阪市長のダブル選は7日投票され、知事選は前大阪市長の吉村洋文(ひろふみ)氏(43)、市長選は前大阪府知事の松井一郎氏(55)が、いずれも当選確実になった。地域政党・大阪維新の会公認の両氏が勝ったことで、看板政策の「大阪都構想」が前進する可能性がある。一方で、都構想実現を左右する府議選と大阪市議選は深夜まで開票作業が続く見込みだ。

 自民党が擁立、推薦し、「反維新」勢力が支援するなどした、知事候補の無所属で元府副知事の小西禎一(ただかず)氏(64)と、市長候補の無所属で元同党大阪市議の柳本顕(あきら)氏(45)は敗れた。

 都構想は大阪市を廃止して東京23区のような特別区に再編する制度改革。都構想案の是非を問う住民投票を実施するには府・市両議会で議決する必要があり、維新はダブル選と同日実施の府・市議選でそれぞれ過半数の公認候補を擁立している。両議会で維新が単独過半数を獲得できるかが焦点だ。

 今回のダブル選は、住民投票の実施時期をめぐって公明党との交渉が決裂したのを受け、松井、吉村両氏が3月に任期途中で辞職表明したため実施された。維新は知事・市長のポストを入れ替えて立候補する異例の「クロス選」を仕掛けた。

 吉村、松井両氏は当選が決まった後に記者会見し、都構想の議論について松井氏は「丁寧に反対のみなさんの意見も聞きながら進めていきたい」と述べた。また、その後の個別インタビューでは、松井氏は住民投票に向けた日程について「スケジュールありきではない」として、新たに得た4年の任期中に実現したいとの考えを示した。

 一方で、ダブル選で対立した公明党が候補者を立てる衆院小選挙区に、次期衆院選で国政政党・日本維新の会の公認候補を擁立するかについては、松井氏は「公明党が今回の民意をどう受け止めるかだ」と強調。対立が続くようなら「ファイティングポーズを崩せない」と述べた。(宮崎勇作

朝日新聞・ABCの記者が徹底解説

 朝日新聞とABC朝日放送テレビは大阪府知事選・市長選投開票日の7日夜、「2019統一地方選 徹底解説!大阪ダブル選~開票ライブやりまっせ!」と題して、開票速報中継を行います。

 各陣営と中継をつなぎ、リアルタイムで「大阪の将来が決まる夜」を伝えるほか、出口調査から浮かび上がる有権者の思いを堀江浩編集委員が解説。取材に当たってきた朝日新聞とABCの記者たちが選挙戦を振り返り、開票結果を受けた「今後」を徹底解説する予定です。

 さらに、福岡県知事選や北海道知事選といった全国の注目選挙についても、開票状況などをお伝えします。

 ライブ中継は本記事のURLからご覧になれます。是非ご覧ください。