[PR]

 桜田義孝五輪相は5日の閣議後会見で、塚田一郎国土交通副大臣の「忖度(そんたく)」発言に関連して「新聞を見ていると、私も(失言をした)一人に数えられている」と述べた。塚田氏の失言やその後の対応について問われると、「コメントを差し控えたい」との答えを1分間で3回繰り返した。

 桜田氏は競泳女子の池江璃花子選手が白血病を公表したことに「がっかりしている」と発言し、批判を浴びた。また、サイバーセキュリティーの担当にもかかわらず、国会で「パソコンを打つことはない」と答弁。野党側から「閣僚の資質に欠ける」として辞任を求める意見が上がっている。

 桜田氏周辺は「過熱する失言報道への愚痴が思わず出てしまったのではないか」と語った。