[PR]

 宮崎県警音楽隊のカラーガード隊で7年間活動した関麻衣亜(まいあ)さん(30)=宮崎県都城市出身=がこの春、大学時代からの夢をかなえ、宮崎県警の警察官になった。5日、警察学校の入校式があり、91人の同期生とともに新たな一歩を踏み出した。

 警察官をめざすきっかけは大学3年の時に遭遇した交通事故。原付きバイクで学校から帰る途中、車とぶつかった。当時は福岡県内で一人暮らし。心細かったが、事故現場に駆けつけた男性警察官が「大丈夫だよ」と優しく声を掛けてくれ、「人に安心を与えられる職業なんだ」と憧れるようになった。

 大学4年の時に宮崎県警の試験を受けたが失敗。その後、宮崎県内の警察署で臨時職員として働き、中学から大学まで吹奏楽部に所属した経験を買われ、2012年に音楽隊のカラーガード隊に入隊した。

 演奏に合わせた演技で華を添えるカラーガード隊。長さ1・8メートルのフラッグ(旗)を振って演技をすることもあり、暇を見つけては体を鍛えた。音楽隊の一員としてフルートも担当し「人前での演奏はただただ、楽しかった」。でも練習に行く音楽隊舎のそばに警察学校の女子寮があり、入校生の姿を見るとうらやましく思っていた。

 昨年度の宮崎県警の警察官受験資格は30歳未満。29歳になった昨年が「最後のチャンス」(今年度募集から35歳未満に引き上げ)だった。13年に挑戦して以降、受験したことはなかったが、職場の警察官や家族の後押しを受け、再受験を決意。通勤電車の中で勉強を続け、昨秋、試験に合格した。

 関さんと7年間活動をともにした甲斐友香梨さん(25)は「近くで警察官の規律の厳しさを感じていたはず。それでも受験を決め、夢を実現させたのはすごい」と話す。

 3月10日に日南市であった福…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら