[PR]

 行楽シーズンを迎え、千葉県警富津署の「特別警備隊」は5日、千葉県の富津市と君津市にまたがる高宕(たかご)山(330メートル)で山岳訓練を実施した。9人の隊員が山道を歩きながら間違えやすい道を確認したほか、遭難を未然に防げるよう登山道を整備した。

 特別警備隊は、山に詳しい署員ら17人が2017年に立ち上げた。高宕山のほか、登山客に人気の鋸(のこぎり)山(329メートル)などで日ごろから訓練している。

 今回、訓練した高宕山の登山道は10ルートあり、遭難しやすいという。2006年以降に遭難事故が16件発生し、2人が死亡した。同隊は昨年、高宕山で1人、鋸山で8人の遭難者を救助した。

 隊員らはこの日、山頂への最短…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら