[PR]

 65歳未満で発症する「若年性認知症」について、当事者とともに医師や看護師、ボランティアなどが幅広く参加してともに考え、交流を深めようという取り組みが神奈川県西地域で始まった。「フレンドシップカフェ」は、当事者と家族だけで抱え込んで深刻になりがちなこの問題を、多くの関係者のサポートで対処していくのがねらいだ。

 カフェは、認知症の診察にあたる医師や看護師、介護スタッフらと小田原市、箱根・湯河原・真鶴3町の担当者でつくる「小田原・箱根・湯河原・真鶴一市三町若年性認知症を考える会」(代表・小林博子医師)が開催。当事者と家族らを支えようと昨年9月に設立し、初の行事だ。今後、若年性認知症の人の就労の問題などについても取り上げる予定。小田原市内でメンタルクリニックを開いている小林医師によると、行政を交えて特定の医療機関に限らない形での患者交流の場は全国的にも珍しいという。

 「ここに来ればー、友だちできるー、誰かがどこかで支えてくれるー」

 小田原市内の特別養護老人ホー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら