猿まわしコンビ「ゆりありく」として、鈴木ゆりあさん(40)と活動していた猿の「りく」が5日、心不全で永眠した。19歳だった。所属事務所のタイタンが発表した。

 りくはオスのニホンザル。2000年にゆりあさんとコンビを結成し、フジテレビ系「爆笑レッドカーペット」、TBS系「ザ・イロモネア・ゴールドラッシュ」などのバラエティー番組に出演した。

 ゆりあさんはコメントで「最後は私の腕の中で眠るように旅立ちました。18年もの間、いつも隣にいることが当たり前だったりくがいなくなった事、未だ実感がありません」と明かした。そして、「りく、あなたのような最高の相方と一緒の時代に生きる事が出来て本当に幸せだったよ」と感謝の思いをつづった。