[PR]

 若者の自殺を防ぐためのSNS相談について、厚生労働省は民間の支援団体向けのガイドラインをホームページに掲載した。相談体制の作り方や、実際の相談を参考にした応対の仕方を事例集にまとめ、解説も付けた。

 若者がSNSを利用していることを踏まえ、厚労省は昨年3月、自殺防止を目的としたSNS相談をしている民間団体への補助事業を開始。「SNS相談は対面とは違う技能、配慮が必要」としてガイドラインをまとめた。

 相談体制については「緊急時の関係機関への連絡等のため、できる限り2人以上の体制で相談を受ける」とし、SNS相談を入り口に福祉事務所や児童相談所などの支援機関につなぐ必要性を指摘した。

 相談時の注意点では、おうむ返しの多用には要注意、適宜質問を加える▽基本的には短文で応答▽返信に時間がかかりそうな時は、そのことをまず伝え、返信文をじっくり考える――などを列挙。そのうえで問題状況の共有などが重要だとした。

 事例集では、学校や家族、男女間の問題などに関し、10~40代の男女13人から寄せられたとする相談を想定。やりとりが270回を超える事例も挙げた。

 「母親が何をしても認めてくれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら