キツネの駅長が就任、名前は「ゴロ」 JR白石蔵王駅

有料会員記事

志村英司
[PR]

 キツネの駅長がお出迎え――。JR東北新幹線の白石蔵王駅(宮城県白石市)の観光駅長に、キツネの「ゴロ」が就任した。3月31日に任命式があった。

 ゴロは12歳のオスで、いつもは同市内の観光施設「宮城蔵王キツネ村」にいる。キツネ村は、台湾などからの外国人観光客にも人気だが、水曜の定休日を知らずに観光客が訪れることも少なくなかった。

 そこで最寄りの白石蔵王駅で4月3日から毎週水曜の午前中だけ、おとなしい性格のゴロがおもてなしをすることに。当面は、もさもさの冬毛が抜ける6月まで、改札口の「観光駅長室」で客らを出迎える。

 JR東日本は、駅の階段やホ…

この記事は有料会員記事です。残り235文字有料会員になると続きをお読みいただけます。