[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者は、フランスのテレビ局が4日に放映した再逮捕直前のインタビューで、「日本人は外国からどう言われるかをとても気にする」として、公平な裁判や自身の人権が保障されるよう「仏政府に訴えた」と明かした。ただ、仏メディアもゴーン前会長の疑惑を頻繁に報じ始め、仏政府は少しずつ距離を置き始めている模様だ。

 東京の弁護士事務所からインターネットを使って行われた約20分のインタビューは、仏テレビ局LCIが放映。ゴーン前会長はまくしたてるように、「昨年11月の逮捕以来、私への新たなうわさや非難が生まれなかった日はない。(そうした動きは)日産の内部の数人の人間が発端になっている」などと語り、日産の「陰謀」を強調した。

 自らへの批判が公平な裁判を妨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら