【動画】福岡市議選に挑戦した元女子マラソン・バルセロナ五輪代表の小鴨由水氏
[PR]

 7日投開票の福岡市議選の中央区選挙区(定数7)で、元女子マラソンのバルセロナ五輪代表、小鴨由水(こかもゆみ)さん(47)=無所属新顔=が立候補したが、惜しくも当選ラインに届かなかった。鮮烈なマラソンデビューで「シンデレラ」と呼ばれ、その後は苦難も味わった元アスリート。「この落選も、人生の一つかな」と目をうるませた。

 7日夜、中央区の事務所。ポロシャツにランニングシューズ姿の小鴨さんは、高校生と中学生の息子とともに吉報を待った。だが、落選が決まり、支援者の市民ランナーらからはため息が漏れた。「よく頑張った」と拍手も起きた。

 選挙戦はユニークだった。選挙カーを「先導車」に見立て、その後ろを毎日30~40キロ、ランニングしながら支援を訴えた。肩には、たすき。脚力と体力をいかして、団地や細い路地をくまなく回った。市民は「え? 小鴨さん本人?」と驚いた様子で握手を求めた。小鴨さんのランニング仲間の市民ランナー約30人も、日替わりで伴走して支えた。「1人マラソン、1人駅伝の状態ですよね。道端の人たちも選挙というより、走っている私を応援してくれる感じでした」と笑う。

 兵庫県明石市出身。1992年、初マラソンの大阪国際女子マラソンでいきなり優勝した。2時間26分26秒は当時の日本最高記録。その年のバルセロナ五輪代表に選ばれ、一躍注目を浴びた。

 だが五輪は29位。「仕事で走るのが嫌になった」と、半年後に突然、一線を退いた。

 その後、福岡に移って、地元の百貨店、岩田屋の駅伝部に入ったが、そこは数年で廃部になった。

 私生活では、パン職人の夫と結婚し、2児をもうけたが離婚。その2年後、子育てを手伝ってくれていた元夫は職場で急死した。

 華々しい舞台から一転、廃部、離別、そして死別――。「波瀾(はらん)万丈でしょう? でもだからこそ、同じようにつらい思いをした人の気持ちが私にはわかる」

 岩田屋を退社した後は、障害のある子どもや市民ランナーのためのランニングクラブを作り、走る楽しさを伝える活動を続けてきた。

 「自身の経験を政治の場で生か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら