[PR]

 5日午後8時10分ごろ、北陸新幹線の佐久平駅(長野県佐久市)で、人が線路内に立ち入るのを駅員が見つけた。JR東日本によると、午後11時半ごろ、長野方面に約10キロ離れた同県東御市のトンネル内にいたところを職員に保護された。新幹線は二度にわたって一時運転を見合わせ、約9240人に影響が出た。

 長野県警上田署は、線路内に立ち入ったとして同県立科町藤沢、農業桜井捷一(かついち)容疑者(77)を新幹線特例法違反の疑いで現行犯逮捕した。立ち入りを認めているといい、経緯を調べている。けがはなかった。

 JR東によると、北陸新幹線は午後8時10分から同9時45分までと、同10時15分から同11時55分までの2回、高崎―長野間で運転を見合わせた。