[PR]

 統一地方選前半戦の群馬県議選(定数50)は7日、無投票の6選挙区を除く12選挙区で投開票され、新議員が決まった。自民党は公認・推薦・党籍証明を得た計40人のうち32人が当選して現有勢力をほぼ維持したが、現職6人が落選。目標とした35議席に届かなかった。立憲民主党は2、公明党は3、共産党は2と、いずれも横ばいだった。新顔14人が当選。女性は4人が全員当選し、2011年に並ぶ戦後最多となった。投票率は43・49%で、15年の前回(45・14%)を1・65ポイント下回り、過去最低を更新した。

 自民は7月の参院選や知事選の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら