[PR]

 川崎市川崎区の認可外幼稚園「A.L.C.貝塚学院」で6日、保護者説明会があった。同園をめぐっては、運営する「アメリカンラングエイジセンター」(同区)が経営に行き詰まり、3月末、突然保護者に閉園を通告。その後、市内企業の「サン」(同区)が支援を申し出たことで一転、存続が決まっている。

 この日は、支援企業として新たに運営に関わるサンの織戸四郎社長(36)が、初めて保護者を前に、新園長として今後の運営方針などについて説明。英語や体操に力を入れる園の教育方針は変えない一方で、これまでわかりにくかった月謝や諸経費などの料金体系を透明化することなどを明らかにした。

 保護者との質疑応答では、英語や体操など独自のカリキュラムを続けていくために、このまま認可外の幼稚園として運営していくことをメインの方向とするほか、園の名前を変えないことなども発表した。サンによると、もともと通う予定だった300人超のうち、すでに210人ほどが在園を表明しているという。また、担任など正職員14人のうち12人の復帰が確定した。

 織戸園長は、説明会のあとの記者会見で、園児や保護者が「他の園にいかなくて良かったという教育やサービスを提供していきたい」と抱負を述べた。(斎藤博美)