[PR]

経済インサイド

 全国各地で24時間365日、私たちにモノやサービスを提供してくれるコンビニエンスストア。生活に欠かせない存在ですが、今年2月、大阪のセブン―イレブンの店主(オーナー)が「もう24時間営業は難しい」と声を上げました。便利な生活を支える裏で人手不足や長時間労働が常態化し、働き手の負担は重くなるばかり。セブン―イレブン・ジャパンは営業時間の短縮実験を始めましたが、店主らからは冷めた声も聞こえてきます。なぜでしょうか。

     ◇

労働時間は月350時間

 そもそもコンビニの店主はどんな働き方をしているのか。西日本のコンビニのフランチャイズ(FC)店主が、1月の出勤簿を見せてくれた。

 休みは祝日のわずか1日だけ。1カ月に働いていた時間は計350時間超に達した。月の半分の16日間は、夕方や夜から日付をまたいで翌日まで働く。夜から未明にかけてはレジ作業だけでなく、トラックで運ばれる商品の受け取りや店内清掃も1人でこなす。深夜や未明は客が少ないが、慌ただしい。

 「これは別に特別な月じゃないですよ。ほぼ毎月、こんな感じです」。アルバイトを募集しても深夜や早朝は集まりにくい。最低賃金が年3%のペースで上がっているのも経営を圧迫する。「結局、自分でシフトに入る回数を増やすしか、やりようがない」

 こうした過酷な現状に一石を投…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら