[PR]

 20代の若者だけで造る日本酒の銘柄「二才(にさい)の醸(かもし)」が

茨城県古河市の1831年創業の老舗・青木酒造で完成した。米の田植えから出荷までとことん大学生らが関わり、さわやかで飲みやすい日本酒が仕上がった。

 7日、東京都文京区でお披露目イベントが行われた。都内を中心に日本酒ファンら約40人が集まり、新酒を味わった。

 二才の醸は、2014年に埼玉…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら