[PR]

 政情不安が続いている南米ベネズエラで6日、マドゥロ政権の支持派と反政権派の双方が集会を開いた。現地報道によると、一部の反政権派の集会に警察が催涙弾などを撃ち込み、約30人がけがをしたほか、現地で取材していた記者らが殴られるなどしたという。

 反政権派の集会は、暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長が呼びかけた。グアイド氏の側近ら野党政治家の身柄拘束や、電気や水道などが届かないことに対する抗議のためで、野党側の発表によると、この日は全国300カ所以上で開かれたという。

 ベネズエラ西部マラカイボでは、デモ隊に警察が催涙弾を放つなどし、現地報道では、大学生7人を含む約30人がけがをした。

 ベネズエラでは3月から大規模…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら