• アピタル

世界最悪の自殺率、苦悩の先住民 貧困に暴力、虐待…

有料記事

ブルーム=小暮哲夫
[PR]

 白砂のビーチと太古の峡谷群。オーストラリア北西部のキンバリー地方には、そんな光景からは想像できない課題がある。自殺者の割合が「世界最悪」なのだ。歴史に翻弄(ほんろう)された先住民(アボリジナルピープル)の苦悩が、美しい土地に影を落としている。(ブルーム=小暮哲夫

 キンバリー地方の中心の町ブルーム。ジェイコブ・スミスさん(22)の親友が自ら命を絶ったのは4年半前のことだ。芸術舞台の音響や照明設営を学ぶ職業訓練コースで、ともに学んでいる時だった。

 親友は家を出て、車で寝泊まりしていた。子供のころ家族から虐待を受けていたふしもある。それでも自殺は予想できなかった。スミスさんの18歳の誕生日が目前で、「お祝いしようとメッセージを送り合ったばかりだった。自殺すると決めていて、最期に幸せそうな様子を見せたかったのではないか」と悔やむ。

 スミスさんにとって、身近な…

この記事は有料記事です。残り2325文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!