[PR]

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(65)がオマーンの販売代理店に支出した日産資金を私的に流用したとされる特別背任事件で、東京地検特捜部が、前会長の妻キャロルさんに対する尋問手続きを行うよう東京地裁に請求したことが、関係者への取材でわかった。流出した資金の一部が、キャロルさんが代表を務める会社に流れた疑いがあるという。キャロルさんは特捜部の聴取要請に応じず、すでにフランスへ出国した。

 ゴーン前会長は2015~18年、アラブ首長国連邦にある日産子会社「中東日産」からオマーンの販売代理店「SBA」に約17億円を送金し、そのうち約5億6千万円を自分が事実上保有するレバノンの投資会社「GFI」に還流させた疑いで再逮捕された。

 関係者によると、GFIから、キャロルさんが代表の会社「ビューティーヨット(BY)」や、ゴーン前会長の息子が米国で起業した会社に資金が流れていた。BYは前会長ら家族が使っていたクルーザーを購入していた。ただ、再逮捕容疑になった約5億6千万円に購入費用は含まれていないという。

 BYは15年、タックスヘイブ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら