[PR]

 豊見城の沖縄戦はどんなものだったのか、市出身の戦争体験者31人へのインタビューを証言映像にまとめた「語り継ぐ 受け継ぐ 豊見城の戦争記憶」が3月、完成した。沖縄戦に関する証言は、豊見城村史戦争編が文字資料としてあるが、映像は初めて。戦争体験者が減る中、表情や声を通して、よりダイレクトに体験が伝わる映像記録を残そうと、市教育委員会文化課が2017年度から2年かけ作成した。多くの人に伝えるため、証言者の承諾を得て、動画投稿サイト「ユーチューブ」での公開も始めている。

 証言者のうち、撮影時最年少79歳だった嘉数陽之男(よしお)さん=市平良=は沖縄戦当時、6歳だった。

 「道に人がいっぱい死んでいて、子どもの足では乗り越えられない。死体に足を突っ込んだら、『腐敗熱』があってびっくりするほど熱かった」と映像で克明に語る。

 嘉数さんは2度、死の間際まで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら