【動画】福岡県知事選 武内和久陣営での麻生太郎副総理=岡純太郎撮影
[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は7日夜、党本部で記者団に厳しい表情を見せ、こう語った。「分裂したところは当たり前だが、厳しい結果が出ている。今後の大いなる反省材料だ」

 さらに「反省の上に立ち、一枚岩で取り組んでいきたい」とし、夏の参院選での政治決戦に向けて結束を図る考えを示した。

 福岡県知事選で対立軸となったのは、安倍政権の中枢である麻生太郎副総理の姿勢への是非だった。

 麻生氏は7日夜、自民党が推薦した武内和久氏(47)の支援者の前に現れ、落選が確実になると「誠にふがいなく、我々の力不足だった」とおわびした。

 3選を決めた小川洋氏(69)の陣営では、街頭演説や集会で弁士が「妙な圧力に屈しない」などと名指しは避けつつ麻生氏への批判を繰り広げた。背景には、麻生氏が後押しした武内氏擁立への反発がある。

 地元選出の武田良太衆院議員は昨夏、福岡の大物自民OBである山崎拓・元党副総裁や古賀誠・元幹事長に会い、小川氏支持の方針を確認。8年前に麻生氏の後押しで初当選した小川氏だったが、2016年の衆院福岡6区補欠選挙の応援で麻生氏と歩調を合わせなかったため、関係は悪化していた。

 麻生氏は、自民福岡県連側に「知事は代える」と伝えた。昨年末に武内氏の擁立方針が決まると、安倍晋三首相に直談判し、武内氏の推薦を取り付けた。

 これに対し、山崎、古賀両氏は先月5日、青木幹雄・元党参院議員会長と会談。武田氏が所属する二階派と、山崎派の流れをくむ石原派、古賀派から引き継がれた岸田派の一部による「包囲網」を築いた。

 劣勢に追い打ちをかけたのが、麻生派の塚田一郎・前国土交通副大臣による「忖度(そんたく)」発言だった。今月1日の武内氏の応援演説での発言は与党内からも批判を招き、麻生氏周辺は「墓穴を掘った」とぼやいた。

 麻生氏は小川氏の支援議員を念頭に「造反」と牽制(けんせい)したが、二階派を率いる二階氏が動く気配はない。今回の麻生氏の姿勢に、小川氏を支援した自民衆院議員は責任論を持ち出した。「責任を取らない状況が、いつまでも続くのか」

 自民の分裂選挙は島根でも44…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら