[PR]

 東京電力福島第一原発があり、原発事故で全町避難が続く福島県大熊町の避難指示について、政府は10日午前0時、放射線量の高い帰還困難区域を除いた地域の避難指示を解除した。事故から8年が経つが、第一原発立地自治体の避難指示解除は初めて。

 解除対象は町西側の大川原地区(居住制限区域)と中屋敷地区(避難指示解除準備区域)。町面積の約4割で、町民の約4%、138世帯367人(3月末現在)が住民登録している。

 大川原地区には新しい町役場が建設され、14日に開庁式がある。役場近くで店舗や宿泊施設、災害公営住宅50戸の建設も進む。同地区には2016年夏から東電の社員寮が特例として設けられ、約700人が暮らす。町は解除後、帰還住民約500人と、すでに居住する東電社員らを合わせ、新住民約900人が同地区で暮らす将来像を描く。

 現在も町民約1万人が避難して…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら