[PR]

 「圧迫されて痛いところはないですか」

 3月中旬、東京都荒川区の公益財団法人鉄道弘済会義肢装具サポートセンター。義肢装具士の竹下直樹(25)が、義足の調整に訪れた関戸貢一(60)に声を掛けた。関戸は「痛さはないし、高さもこれくらいでいいです」と返した。

 関戸は30年近く前に左足を切断し、義足を使う。約3年前から、足の切断面との接続部分「ソケット」を竹下に調整してもらうようになった。多くの義肢装具士と付き合ってきたが、竹下について「今まで付き合ってきた中で一番、要望に的確に応えてくれる」と話す。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら