[PR]

 7日に投開票された相模原市議選(定数46)の中央区選挙区(同17)で、最後の1議席を争った新顔候補2人の得票が同数となった。8日午前4時20分すぎに市内の開票所でくじ引きが行われ、当選者が共産の今宮祐貴氏(34)に決まった。得票は3158票で、無所属の松浦千鶴子氏(45)と並んでいた。

 市選管は、1、2の数字が記された棒を順番に引き、1を引いた方が当選となる方式でくじ引きを行った。

 松浦氏の後にくじを引いた今宮氏の数字は「1」。直後に報道陣の取材に応じた今宮氏は号泣しながら「こんなに1票が重いとは……」と涙をぬぐった。松浦氏は「結果は結果として真摯(しんし)に受け止めたい」と声を詰まらせた。

 同選挙区には25人が立候補し、激戦になっていた。(石平道典)