【動画】囲碁の「天才少女」仲邑菫初段。史上最年少でプロ棋士になった背景を解説
[PR]

 史上最年少の10歳で囲碁プロ棋士となった仲邑菫(なかむらすみれ)初段。日本棋院が新設した「英才枠」の第1号です。試験を経ない異例の「一本釣り」で採用をした背景には、日本囲碁界の焦りがありました。動画で解説します。