[PR]

 奄美大島の希少なカエルを捕獲したなどとして、警視庁と鹿児島県警は、爬虫(はちゅう)類や両生類を扱う東京都中野区のペットショップ店長天野利光容疑者(50)=同区中野6丁目=とカエルや虫関連の著書があるフリーライター奥山風太郎(本名・園部友康)容疑者(42)=東京都練馬区石神井台1丁目=を種の保存法違反などの疑いで逮捕し、8日発表した。ともに容疑をおおむね認めているという。

 警視庁生活環境課によると、2人は昨年7月、奄美大島の路上で、いずれも国内希少野生動植物種に指定されている「アマミイシカワガエル」と「オットンガエル」各2匹を捕獲するなどした疑いがある。2人は「日本で最も美しいカエルとされるアマミイシカワガエルを前にして、つい手が出てしまった」などと述べているという。

 同月19日、奄美空港の職員が2人のキャリーバッグに大量のカエルやヘビが入っていることに気付いた。バッグには奄美大島に生息する19種70匹が入っており、うちアマミイシカワガエルなど5種28匹が同法などで捕獲や持ち出しが禁じられている動物だった。2人は2泊3日で奄美大島を訪れ、レンタカーで夜間に山に入ってカエルなどを捕獲していたという。ほぼ毎月、奄美大島を訪れていたといい、同課は転売目的で捕獲した疑いがあるとみている。