[PR]

 8日午前0時5分ごろ、東京都江東区豊洲6丁目の豊洲市場で、小型運搬車のターレット(ターレ)に乗った運送業の50代男性が、荷物搬送用エレベーターの扉に頭や首などを挟まれた。警視庁によると、男性は搬送先の病院で約5時間半後に死亡が確認された。

 深川署によると、現場は水産仲卸売場棟1階。エレベーターはターレを運転したまま乗り込むことができるもので、扉は上下に開閉する仕組み。エレベーターの扉が上から下りている最中にターレを運転しながらエレベーターに乗り込む様子が、防犯カメラの映像で確認されているという。署が詳しい原因を調べている。