天皇、皇后両陛下は8日、東京都内で開かれた第35回日本国際賞授賞式に出席した。東日本大震災で式典が中止された2011年をのぞき、天皇陛下は皇太子時代の第1回式典から毎回出席してきたが、今回が最後となった。

 今回の受賞者は、名古屋大の岡本佳男・特別教授、米オハイオ州立大のラタン・ラル特別栄誉教授。両陛下は式典後の祝宴にも出席。天皇陛下が「受賞者並びに受賞者を支えてこられたご家族の健康とご多幸をお祈りいたします」と述べ、乾杯した。(島康彦