[PR]

 スターバックスコーヒージャパンは8日、無料通信アプリのLINEを使って店頭で支払いができるサービスを始めた。LINE上でバーチャル(仮想)カードを発行し、レジでそのバーコード画面をスキャンすると決済ができる。東京と福岡の一部店舗ではすでに決済サービスの「LINEペイ」が使えるが、全店でLINEを使ってスマホ決済ができるようになる。

 スタバでは、以前から自社アプリによるスマホ決済を利用できたが、他社のアプリを使ったものは世界でも初めて。新サービスのバーチャルカードは、8日に開設したLINEの企業アカウントから、個人情報などを入力することなく発行できる。LINEペイからチャージするか、店舗で入金して使う。ポイントカードとしても使える。

 スタバの浜野努デジタル戦略本部長は「何回かタップするだけで登録でき、すぐに使える。シンプルで易しい使い勝手にすることで、多くの新しい会員を迎えられる」という。

 スタバのポイントがたまる会員サービスの国内利用者数は約330万人。インターネット上で注文と支払いを済ませ、店頭で商品を受け取れる米国先行のサービスも、今秋までに導入予定という。

 一方、LINEは他社とポイントカードで連携してきたが、プリペイド機能も備えたのは今回が初めて。出沢剛社長は「ぬくもりのあるコミュニケーションを大事にするという価値観を両社で共有している。価値観の合うパートナーと提携することで、ユーザーとの結びつきをより強めたい」と狙いを語った。LINEペイのスタバ店舗への導入も進めるという。(村井七緒子)