[PR]

 ポテトチップスは湖池屋、フルーツグラノーラは日清シスコ――。イオンが8日、プライベートブランド(PB)商品に、製造したメーカー名などの情報の表示を始めたと発表した。これまでは「販売者」の欄にイオンの名前と住所、製造した都道府県名のみの表示で、どの企業が製造したかは分からなかったが、表記を改めることにした。

 この日発売したPBの新商品「トップバリュ フローズンクッキット」のパッケージの裏面には、「製造所」の欄を設け、商品を作った企業と工場の名称、住所を記載した。

 従来は乳製品など一部を除き、だれがどこで作ったのかを知りたければ、「製造所固有記号」をイオンのホームページで検索しなければならず、製造者名そのものの表示はなかった。「PBはイオンが責任を持って商品を企画し、販売している」(広報)というのが理由だ。

 だが、2015年に施行された食品表示法で、一般消費者向けの加工食品は製造者の名称や工場の所在地の表示が義務づけられた。企業は20年3月末までに対応しなければならなくなり、表示を改めた。イオンはすでに今年初めから、4千~5千品目ある食品PBの2割ほどで表示を追加しているという。

 8日に会見したイオンの和田浩…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら