[PR]

経済季評 松井彰彦

 政府・公的部門の役割は、民間が担うことのできない計画を立て、それを実行に移していくことである。言わば百年の計を立てることだ。その機能が近年失われている。花粉症対策もその一つである。

まつい・あきひこ
1962年生まれ。東京大学教授。研究テーマは障害と経済、ゲーム理論。著書に「慣習と規範の経済学」など。

 熊野古道中辺路(なかへち)を歩いたことがある。ちょうど熊野が世界遺産に登録された2004年のこと。紀伊半島の西海岸沿いにある紀伊田辺駅に降り立ち、歩くこと2泊3日。熊野本宮大社の近くにある湯の峰温泉にたどり着いた。その手前で小さな発見をした。山を越えていくと、尾根筋の片側が照葉樹林、反対側が針葉樹林という場所があったのだ。

 宿の主人に聞くと、木材生産の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら