[PR]

 東京都江東区の豊洲市場で8日午前0時過ぎ、市場内を走る小型運搬車、ターレット(ターレ)に乗った運送業の男性(50)が、荷物搬送用のエレベーターの扉に頭や首などを挟まれ、搬送先の病院で死亡した。警視庁によると、豊洲市場では昨年10月の開場以降、エレベーターの扉にぶつかる事故がほかに3件起きており、都は業界団体と連携して安全対策の強化を検討するという。

 都や警視庁によると、事故があったのは水産仲卸売場棟の1階。エレベーターは高さ3・15メートル、幅3・75メートル、奥行き4・5メートルで、扉は上下に開閉する仕組み。魚介や青果を荷台に積んだターレを運転したまま乗り込める。近くのカメラには、エレベーターの扉が下がりつつあるところに男性が乗り込む様子が映っていたという。

 移転前の築地市場は主に平面構造だったが、豊洲市場では3、4階の積み込み場に魚介などを運ぶため、エレベーターを使う機会が増えている。これまでのエレベーターの事故も扉が下りる途中に起きており、負傷したケースもあったという。都はエレベーターの脇に一時停止を知らせる貼り紙を掲げ、「乗り降りは慎重に」と呼びかけていた。

 豊洲市場では昨年11月にも女…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら