[PR]

 信用金庫大手の西武信用金庫(東京都)が、反社会的勢力とみられる相手に不適切な融資をした疑いがあることがわかった。金融庁の昨秋からの立ち入り検査で判明しており、同庁は近く行政処分を検討する。

 関係者によると、反社会的勢力への融資などの不適切な取引が複数浮上している。東京都内のある支店では、警察庁が準暴力団と位置づける組織の関係者側への融資が大きく膨らんでいた。幹部が問題のある取引先と会食を重ね、相手が反社会的勢力とわかったあとも融資を続けた可能性があるとみて、金融庁は融資の実態などを詳しく調べる。

 反社会的勢力を排除する取り組みが不十分と認められれば、業務改善命令などの処分を検討する。好業績を牽引(けんいん)してきた落合寛司理事長の進退が問われる可能性もある。

 西武信金は預金額約2兆円の信…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら