トイレに1日20回… 潰瘍性大腸炎、新薬で症状改善

有料記事

佐藤建仁
写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 腸に炎症が起こる難病の潰瘍(かいよう)性大腸炎の新しい治療薬が、相次いで登場している。以前は下痢や腹痛などに長く苦しむ患者も多かったが、治療を続けることで、日常生活に支障がないように症状を抑えることができるようになっている。

 東京都の会社員女性(55)は2003年、潰瘍性大腸炎と診断された。1年ほど前から粘液と血液が混じった便が出るようになっていた。下痢や腹痛なども出始めた。

 大腸の粘膜に慢性の炎症が起こる病気で、国の指定難病。根本的な治療法はない。厚生労働省研究班の疫学調査(16年度)によると国内の患者は約21万人いる。女性は炎症を抑える基本の薬となる5―アミノサリチル酸(5―ASA)製剤を使ったが効果は続かず、ステロイド薬を使った。長く使うと副作用の恐れがあるため量を徐々に減らすと、再び悪化した。良くなったりひどくなったりを繰り返し、トイレに1日20回近く駆け込まなければならないほどになった。仕事を一時休職した。

 14年、生物学的製剤のヒュミラ(一般名アダリムマブ)を医師に処方され、使い始めた。前年に潰瘍性大腸炎に保険適用されたばかりだった。すると、トイレの回数は1日5~6回程度に減った。症状が落ち着くと気持ちも前向きになり、泊まりがけの旅行にも出かけられるようになった。女性は「薬が効き続けるか不安もあるが、使える薬があることはありがたい」と話す。

 女性が治療を始めた当時は…

この記事は有料記事です。残り1030文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント