[PR]

 北海道の開拓の父・クラーク博士の像が道内に10体ほどあるという。あの名所にも2017年に設けられた。いったい、なぜ――。

 クラーク博士(1826~86)も、さぞお冠だろう。札幌のシンボル・時計台が観光名所の日本三大がっかりと揶揄(やゆ)されるなんて。確かにビルの谷間に埋もれているけど、そんなにがっかり?

 時計台の2階に上がると、金色に輝く博士像が威風堂々、ステージの長いすに腰掛けていた。正面を見つめ、左足を組み、左手は背もたれに。今にも諭してくれそうだ。「ビー・ジェントルマン(紳士たれ)」

 「えっ、ボーイズ・ビー・アンビシャス(少年よ大志を抱け)でしょ。羊ケ丘の。きのう行ったばかり。でも時計台にクラーク像なんて一石二鳥だね」

 東京から友だちと来た徳永南さん(21)が像の隣に座り、写真に納まっていた。

この後、像が設置された背景を紹介します。会員限定のプレゼントもあります。

 像が置かれたのは2017年1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら