[PR]

 日本マクドナルドは、メニュー選びを手伝うなど「おもてなし」を強化する取り組みを始める。接客の専門員を店に置くほか、スマホで事前注文し店で受け取るサービスも導入する。10日から静岡県の75店で先行導入し、年内に国内の約半数の1500店に広げる。

 マクドナルドの店では、カウンター越しに注文をして商品を受け取るのが一般的だが、接客の専門員はカウンターの外でメニュー選びの手伝いや席への案内を担当する。調理時間がかかるハンバーガーなどは席まで届けてくれる。1店に平均5人を置き、ローテーションで務める。

 専門員を置けば人件費はかさむが、店員がカウンター接客などでの時間を減らせるといった効率化で吸収する。

 スマホによる事前注文では、指…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら