[PR]

 大阪府和泉市の産婦人科医院で2017年1月、無痛分娩(ぶんべん)で出産中の女性(当時31)が意識不明になり、その後死亡した事故で、大阪地検は9日、業務上過失致死容疑で府警から書類送検されていた同院の男性院長(61)を不起訴処分(嫌疑不十分)とし、発表した。遺族は処分を不服として検察審査会に審査を求めるという。

 院長は17年1月10日、同府枚方市の長村千恵さんが次女を出産する際、無痛分娩の麻酔が効き過ぎて呼吸困難に陥ったのに適切な処置を怠り、10日後に低酸素脳症で死亡させたなどとして、夫の告訴を受けた府警に同10月に書類送検された。次女は長村さんが亡くなる前に帝王切開で生まれた。

 地検はカルテなどの医療記録の分析や、当時の状況を知る関係者や鑑定書を作成した医師らへの事情聴取などから、長村さんが呼吸困難になった原因は、担当医だった院長が麻酔薬を注入する部分を間違えたことが原因だったと判断したとみられる。

 そのうえで院長の過失の有無について、呼吸困難に陥ったかどうかを判別する血液中の酸素濃度の値にばらつきがあり、どの時点で人工呼吸器で酸素を送り込むべきだったか特定するのが困難なうえ、操作に専門的な技術が必要な人工呼吸器を院長が取り扱うことは難しかったなどとして、刑事責任を問えないと判断した模様だ。

 院長の代理人弁護士は不起訴処分について「ノーコメントです」と話した。(多鹿ちなみ、一色涼)