[PR]

 福岡県直方(のおがた)市が昨年12月にふるさと納税の返礼品に加えた家電製品の発送が大幅に遅れている。1月までには届ける予定を立てていたが、今月8日現在で1354件分の寄付者に届いていない。今月中の発送が見込めない返礼品については、相当額の商品券を贈り、対応するという。市には「詐欺まがいだ」などと抗議が殺到している。

 市が9日、発表した。市は昨年12月3~31日にバルミューダ製トースターやアップルウォッチ、iPadなどを返礼品として寄付を募集。寄付から1カ月以内に届けるとうたい、8040件約11億円の寄付を集めた。だが、今年2月上旬になってもほとんどが発送されなかった。

 市によると、発送業務を委託する佐賀県小城市の業者から「仕入れを予定していた商社から、『数量が多いので事前に入金が必要になった』と言われた」と説明を受けたため、市が3月、業者に前金約2億円を支払った。業者は2月20日、返礼品を届けていない6732件分の寄付者に対し、3月中に届ける内容を添えたおわびの文書を送付したが、2262件分は3月中にも発送ができず、市がおわびのメールを送る始末となった。市は再三発送を督促したが、業者は「商社に発注しても、希望の数量が仕入れられなかった」と説明しているという。

 バルミューダ製トースターとアップルウォッチの計884件については4月中の発送のめどが立たず、市は価格相当額となる計3095万円分の商品券を寄付者に贈ることを決めた。

 市担当者は「信頼を裏切る結果となり、深く反省している。大変なご迷惑、ご心配をおかけし、心からおわび申し上げます」と陳謝した。(垣花昌弘)