[PR]

 元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)は12日、小型ロケット「MOMO」3号機を30日に打ち上げると発表した。

 北海道大樹町にあるISTの実験場から発射し、高度100キロの宇宙空間到達を目指す。成功すれば民間単独では国内で初めて。打ち上げは、天候など条件を見ながら行い、4月30日から5月5日まで日程をとっている。

 MOMOの打ち上げは今回が3度目。2017年7月に打ち上げた1号機は予定高度に届かず、昨年6月の2号機は打ち上げ直後に落下し爆発した。

 12日に会見したISTの稲川貴大社長は「十分な試験も行ってきた。油断なくやっていきたい」、堀江さんは「背水の陣。試験などを尽くしており、前回に比べて安心度が上がっている」と話した。