[PR]

 あなたがだまされやすいのはどんな詐欺? 特殊詐欺への「抵抗力」を診断し、対策をアドバイスするアプリを青森大(青森市)と秋田県立大、慶応大、京都府立医大の4大学が中心となり開発した。巧妙化する詐欺の手口に対して自己防衛力を高めてもらうのがねらいだ。

 アプリの名は「サギ抵抗力しんだ~ん」。18~92歳の男女2千人に行った詐欺に関する調査データを基に、だまされやすさを詐欺のタイプ別に判断できる質問を抽出した。

 「人と比べて心配性なほうである」「お金に関する相談をすることは、家族や友人の信用を失いそうで不安である」など83問が出題され、すべてに回答すると、オレオレ詐欺、還付金等詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺のそれぞれについて「安心」「注意」「危険」の3段階で診断される。だまされないためのアドバイスも、あわせて表示される。

 アプリ開発に携わった青森大の渋谷泰秀副学長(行動科学)は「詐欺被害を防ぐためには自ら抵抗力をつけることが必要。まずはアプリを使って、自分がどの詐欺にだまされやすいか知ってもらいたい」と話す。

 2月下旬に青森市で開かれたア…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら