渋沢栄一に学びたい 経営者に響く「富の社会還元」思想

有料会員記事

高橋克典 加藤裕則
[PR]

 明治や大正時代に活躍し、新1万円札のデザインに採用された実業家の渋沢栄一は「日本の資本主義の父」と呼ばれて数多くの企業の設立に携わり、社会への富の還元を訴えて公益事業にもかかわった。企業の間では再び、渋沢の姿勢に学ぶ取り組みが活発になっている。

道徳と利益 調和させる思想

 さいたま市りそなホールディングス(HD)の研修センターで9日午後、傘下のりそな、埼玉りそな両銀行の177人に向けた新入行員研修が開かれた。目玉は、新1万円札のデザインに採用されることが決まったばかりの渋沢の講座だ。

 埼玉県深谷市出身の渋沢は…

この記事は有料会員記事です。残り1150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら