[PR]

 島根県のお勧めスポットはいくつもあるが、まっ先に紹介したいのは、加賀(かか)の潜戸(くけど、松江市島根町加賀)と名づけられた海蝕(かいしょく)洞穴である。加賀の浜から観光遊覧船に乗って1・5キロほど沖合に出た加賀の鼻の先端が東西に貫通し、船で通り抜けることができる。長さは約200メートル、その中ほどに北に抜ける穴があり、T字形のトンネルになっている。船が突っ込んでいく西の入り口は狭くて心細いが、内部は大きなドームになっており、北の穴から射(さ)し込む明かりが壁面に幾重にも刻まれた地層を浮き上がらせ、神秘的な雰囲気をかもし出す。

 この洞窟には、カムムスヒ(神魂命)のむすめキサカヒメ(支佐加比売)がいますと出雲国風土記は伝えている。ある時、お腹(なか)に宿った子の父を知ろうとしたキサカヒメが、暗い洞窟を鉄の弓矢で射抜いたので今のように貫通し、その矢は洞窟の東に浮かぶ的島も射抜いてしまった。そして生まれたのが、佐太神社(鹿島町佐陀宮内)に祀(まつ)られる佐太大神であった。

 キサカヒメというのは赤貝の女神なのだが、風土記によれば、こっそり近づくと神が怒って船を覆すので洞窟に近づく時は、音をとどろかせて行くと語られている。さすが、弓矢で洞窟を射抜く強力(ごうりき)の女神だ。

 そして興味深いことに、この習…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら