和牛密輸の手口、暴力団関係者が証言 関与する意外な国

有料会員記事

[PR]

 日本が誇る高級食材の代表格と言えばブランド和牛。美食家の舌もうならせるその味は、中国の富裕層にも人気だ。でも、中国は2001年のBSE(牛海綿状脳症)騒動以来、日本の牛肉の輸入を禁じている。どうして中国で和牛が流通しているのだろう。一獲千金を狙った違法和牛ビジネスの実態と巧妙な手口を、関係者が匿名を条件に語った。

 1位カンボジア(23%)、2位香港(17%)、3位台湾(17%)、4位米国(13%)――。日本財務省貿易統計に掲載されたこの数字。昨年の和牛の輸出先ランキングとそのシェアだ。

 あれ?、なんで1位がカンボジアなの? 不思議に思う読者も多いのではないだろうか。

 農林水産省の担当者に尋ねてみると、次のような回答だった。

 「あくまで事業者の間のうわ…

この記事は有料会員記事です。残り1645文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら