[PR]

 4連覇の先にある「日本一」へ向けて、今季のスタートを切った広島カープ。出だしはつまずき気味でも、鯉(こい)党は赤く盛り上がる。広島ホームテレビで22日に放送される「久米宏特番」を前に、50年来のカープファンとして有名な久米宏さん(74)に、カープの魅力は何かを聞いた。

 ――カープファンになったきっかけは

 同期のTBSアナウンサーで、深夜放送でならした林美雄(よしお)君(故人)の影響です。彼は東京出身なんですが熱烈なカープファンで、1967年に入社して3年間ぐらい、隣に寄ってきては延々「カープがいい、応援するならカープしかない」と。70年当時ですね、僕がファンになったのは。

 みんな苦労して市民球団を立ち上げたという話を聞いていたので、75年の初優勝は確かに僕も感動して。林君は号泣です。それを見て、この球団は一体何なんだろうと思って。大きくかじを切って本当のファンになったのはその時ですね。

 ――その後は

 結構つらくて。順調に勝っていくことはなくて。何回か優勝していますけど、負ける美学、負ける魅力みたいなものがあってね。自分に投影するというのは変なんですけど、仕事も人生も含めてうまくいかないことが多い。その自己反省とカープのうまくいかない試合運びが妙に一致している、というところですね。

 ――被爆、樽(たる)募金など…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら