[PR]

 プロバスケットボールBリーグは9日、2部(B2)の群馬クレインサンダーズに、来季のB2継続参戦に必要なライセンスを交付すると発表した。

 3月にあった1回目の審議では、財務状況への懸念からB2ライセンスの付与は「継続審議」とされた。サンダーズは現在、2期連続の赤字。次期決算も赤字が確実と判断されれば、規定でB2ライセンスを取得できない恐れがあった。

 サンダーズは9日現在、41勝15敗で東地区1位。13、14日にヤマト市民体育館前橋で予定されている地区2位の仙台との連戦で1勝すれば地区優勝が決まる。ただ、その後のプレーオフを勝ち抜いても、Bリーグ1部(B1)のライセンスがないため昇格はできない。(山崎輝史)