[PR]

 一通の手紙が届いたのは約1年前のことだった。差出人は、熊本市に住む90代の男性。静岡県富士宮市の寺の住職、旭日重(あさひにちじゅう)さん(82)は心当たりのない便りの封を切った。

 2枚の便箋(びんせん)には、こんな趣旨のことが書かれていた。

 家の神棚に、昔から供えられている「お守り」がある。日清戦争にかりだされた父親が生前、軍で「弾よけとして渡された」と話していた。

 年があらたまり神棚を片付けた際に、お守りを初めて開いた。〈日蓮聖人真筆 徳川家康公御身代わり 鉄砲大曼陀羅(まんだら)御守 富士山本門寺 明治27年8月〉と書いた小さな紙片が入っていた。

 調べると、富士山のふもとに日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら